メンズノンノ

メンズノンノとは

mens nonnoとは

MEN'S NON-NO(メンズノンノ)は、集英社が発行する男性向けファッション雑誌。1986年に女性ファッション誌non-noの男性版として創刊。通称「メンノン」など。メンズノンノは現在の男性ファッション誌の中では最も人気があり、メンズノンノが流行を作っていると言っても過言ではない。創刊当初とはだいぶ雰囲気が変わってきたが、メンズノンノは時代の変化とともに確実に進化を続けている。

メンズノンノ

メンズノンノのモデル

mens nonnoのモデル

メンズノンノの誌面に登場したモデルは以下の人気俳優である。メンズノンノでは常にその時に人気のある俳優をピックアップして誌面に登場させる。

1980年代には、阿部寛や織田裕二 がメンズノンノの表紙を飾っていた。

1990年代は、反町隆史や竹野内豊など旬の俳優が顔を揃えている。

2000年代は、木村拓哉や妻夫木聡など現在でもTVやCMで引っ張りだこの俳優が誌面に登場している。

メンズノンノの表紙を飾るということは、彼らの俳優人生においても大きなステータスになるのではないだろうか。

メンズノンノ

メンズノンノの専属モデル

mens nonnoの専属モデル

メンズノンノには、専属モデルが存在する。以下に歴代の専属モデルを紹介する。

  • 田辺誠一(第2回メンズノンノ・モデル)
  • 猪野正哉(第9回メンズノンノ・モデル)
  • 相葉健次(第10回メンズノンノ・モデル)
  • 嶋野旭(第10回メンズノンノ・モデル)
  • アキ(第10回メンズノンノ・モデル)
  • 新坂弘樹(第12回メンズノンノ・モデル)
  • 木村史園(第13回メンズノンノ・モデル)
  • 本多章一(第13回メンズノンノ・モデル)
  • ラモッテ・オサム(第14回メンズノンノ・モデル)
  • 木村信(第15回メンズノンノ・モデル)
  • 北村剛(第16回メンズノンノ・モデル)
  • 金木孝明(第17回メンズノンノ・モデル)
  • 福島新次(第17回メンズノンノ・モデル)
  • 帰山鷹丸 (第19回メンズノンノ・モデル)
  • 勝哲也(第19回メンズノンノ・モデル)
  • 東出昌大 (第20回メンズノンノ・モデル)
  • イーズリー穣(第21回メンズノンノ・モデル)
  • 比嘉啓登(第21回メンズノンノ・モデル)
  • 三河井武史(第22回メンズノンノ・モデル)
  • 山口純(第22回メンズノンノ・モデル)

メンズノンノを開けば、多くのページに登場するメンズノンノの専属モデル。個性派からイケメンまで様々なモデルがいる。

メンズノンノ

メンズノンノのファッション

mens nonnoのファッション

ファッションは自分の好きな感じがいいと思うので、必要以上に悩む必要はないと思う。

メンズノンノを見て「これが好きだな」というような服に似た物を最初は買えば良い。何か好きなブランドがあれば、 ブランドにこだわるのも悪くはない。ファッションセンスとは、実際のとろろ難しいものだ。ただ勘違いしないでほしいのはメンズノンノにでているモデルさんたちは特別カッコよくスタイル抜群の人たちなので、モデルたちが着ている服も当然カッコよく見えるということ。自分に似合うかどうかの判断ができるようにならないとダメである。

メンズノンノだけに拘らず身近な友人とか、ファッションの参考になる芸能人とか見て真似するのもありではないだろうか。

メンズノンノ系のブランドに拘るならアタッチメント、ナンバーナイン、ユリウス、ヴィリジアン、フラボア、RICO、ミスターハリウッド、 ミハラヤスヒロ、ラウンジリザード、ネイバーフッド、ソフネット、ファクトタム、アンダーカバーなどが代表的だ。

メンズノンノ

メンズノンノの読者

mens nonnoの読者

「MEN'S NON-NO(メンズノンノ)」、通称"メンノン"の主な読者層は20歳〜25歳くらいのキレイめカジュアル志向の男性。男性ファッション誌の先駆けともなるメンズノンノの読者層は、常にトレンドを追ったこだわりある男性像が浮かび上がります。

「TAKEO KIKUCHI」や「TABLOID NEWS(タブロイドニュース)」のようにデイリーウエアとしての愛用しながらもキレイめテイストを守り抜く、デザイナーズ性のカジュアルブランドが人気。バッグなどの小物ブランドも「PORTER(ポーター)」や「master-piece(マスターピース)」など日常的な機能性を重視しながらも永く使い続ける事が出来るようなデザインが好まれています。

メンズノンノを読む彼らが憧れている芸能人は木村拓哉や竹野内豊、妻夫木聡などカジュアルをカッコ良くキレイに着こなすモデル系。また谷原章介やARATAのようなオトナの落ち着き感、スマートさを持った同じくキレイめの男性も理想としています。仕事はもちろんプライベートスタイルも、例えばカッターシャツなら必ずイン、パンツもダボダボではなく"キチッ"と系の清潔感溢れるテイストを、センス良く取り入れている感じです。